Root One

数学中心のブログです。

自動生成の漢字パズル

夏目漱石の小説(「吾輩は猫である」、「こころ」)から、2字熟語を抽出して、

2字熟語漢字パズルを自動生成するプログラムを作ってみました。

東西南北に漢字があり、2字熟語が成立するように中央の漢字を選ぶパズルです。

例.

   
 
   

答え  嘆

このパズルは、著者管理の次のサイト パズル (外部サイト)で試すことができます。

2字熟語のリストの作り方

夏目漱石の「吾輩は猫である」と「こころ」から、2つ並んでいる漢字を2字熟語として抽出して、2字熟語リストを作りました。したがって、例えば

「その時私は...」

という文章があったとき「時私」を2字熟語として取得してしまったりしています。

ですので、2字熟語としては成立しないものも出題される可能性が結構高い確率であります。また、固有名詞も含まれています。

問題の出題規則

約5000単語の2字熟語から、ランダムに出題しています。

注意点

上で述べた単語取得方法により、問題の完成度は低いです。10問あったら、そのうち1問程度は漢字パズルとして、許容できるかなというレベルです。また、ランダム出題なので、もしかすると、何か不快にさせてしまう2字熟語が出題されてしまう可能性もあるかもしれませんが、そこに出題意図は全くありませんので、ご理解ください。

問題例(自動作成されたものからいくつかピックアップ)

例1.

   
 
   

例2.

   
 
   

例3.

   
 
   

例4.

   
 
   

例5.

   
 
   

問題の答え

例1. 我  ( 怪我(けが)が難しい。)

例2. 合  

例3. 相  (相撲(すもう)が難しい。)

例4. 戸

例5. 雄    (雄猫は「吾輩は猫である」らしさが出ています。)