Root One

数学中心のブログです。

駒損しない将棋

通常の将棋をベースにして、ルールを若干変えて楽しむ、

変則将棋とよばれるものがあります。

Wikipediaなどを調べてみると、一度に2手させるとか、駒の動きを変えてみるとかいろいろなルール変更が考えられていて、面白そうです。

ということで、今回は、新しい変則将棋について考えていきます。

変更ルール

通常の将棋ベースにして、次のルールを採用します。

とった駒は相手の駒台に置く。

たったこれだけのルール変更ですが、将棋が劇的に変わります。

なぜならば、実質的に駒損・駒得がなくなるからです。

自分の駒をとられても自分の駒台に、

相手の駒をとったとしても相手の駒台に移動するだけなので、

駒の損得は生じません。

ということで、この将棋の名前を

駒損しない将棋」とさしあたり呼ぶことにします。

9×9の駒損しない将棋

f:id:likethenovel:20190730080007p:plain

「駒損しない将棋」について少し検討します。

序盤は、駒損しないように指すというのは将棋の基本ですが、この指針をなくすと考えられる手が多すぎて混乱します。

例えば、角道をあけあって、3手目「3三角成」

f:id:likethenovel:20190730080435p:plain

という手は、通常の将棋では考えられませんが、「駒損しない将棋」では、同角と次にとられたとき、その角をこちら側がこちらの駒として使用できるので全く、駒損になりません。したがって、この「3三角成」も充分あり得る手です。

同様に「4四角」

f:id:likethenovel:20190730081146p:plain

や「5五角」

f:id:likethenovel:20190730081249p:plain

でさえも悪手とは断言できず、これらの手も比較していると、一体次に何を指して良いのか全く分からなくなってきます。

そもそもこのルールで、収束するのかという疑問がありますが、それはさらなる検証が必要になってきます。

最後に「駒損しない将棋」の 9×9 バージョンの対局例を一つ紹介します。


駒損しない将棋

指し手は無茶苦茶ですが、一見普通の将棋に見えますね。